鶴岡商工会議所

メインメニュー

TOP > 経営支援に関する事業 > 経営改善・発達支援

経営改善・発達支援

経営上の諸問題でお困りの方や経営を改善していこうとする方々、また小規模事業者の皆様の持続的な発展のため、皆様の「ホームドクター」として相談、指導を行い、専門的な問題については税理士、中小企業診断士、弁護士等の専門家と連携してご相談に対応致します。

経営発達支援計画

小規模事業者の事業の持続的発展を支援するため、商工会議所・商工会が小規模事業者による事業計画の作成及びその着実な実施を支援することや、地域活性化につながる展示会の開催等の面的な取り組みを促進するため、小規模事業者の技術の向上、新たな事業の分野の開拓、その他小規模事業者の経営の発達に特に資する支援計画を「経営発達支援計画」として経済産業大臣が認定する仕組みが導入されました。
平成29年3月17日、鶴岡商工会議所が策定した経営発達支援計画が経済産業大臣の認定を受け、

  • 「起業・創業」段階にある小規模事業者への支援
  • 「地域での持続的経営・成長経営」志向の小規模事業者への支援
  • 「事業承継」段階にある小規模事業者への支援

を支援目標とし、今後5カ年にわたり、小規模事業者に対する伴走型の事業計画策定等の実施支援事業を推進してまいります。

中小企業庁ホームページ:小規模事業者支援法に基づく「経営発達支援計画」の認定
経済発達支援計画の概要

鶴岡商工会議所の経営発達支援計画の概要

  • 事業期間
    平成28年4月1日〜平成33年3月31日
  1. 伴走型による小規模事業者への支援強化
    1. 地域の経済動向調査に関すること
      地域の経済動向調査の拡充や関係機関の調査の活用を図るとともに、ホームページ・メールマガジン・会議所報等による提供機会の充実、巡回・窓口指導での活用を図る。
    2. 経営状況の分析に関すること
      巡回・窓口相談及びセミナーの開催を通し、@「起業・創業」A「持続的経営・成長経営」B「事業承継・廃業」の3つに区分し、経営上の問題点の把握・整理をするための分析を促すとともにこれに基づく事業計画の策定に導く。
    3. 事業計画策定支援に関すること
      調査・分析の成果を活用し、課題解決・持続的発展へつながる事業計画策定支援を行う。「創業セミナー」「事業計画策定セミナー」「事業承継セミナー」等を開催し、事業計画策定を目指す小規模事業者の掘り起しを行う。
    4. 事業計画策定後の実施支援に関すること
      段階に合わせた定期的な面談の中で、フォローアップのPDCAサイクルによる見直しがなされているか確認しながら、資金調達や新たな課題への取組み等状況に応じた支援を行う。
    5. 需要動向調査に関すること
      需要動向に関する調査の重要性を理解してもらうとともに、需要動向アンケート調査等を実施し、消費者や商品・サービスのニーズの把握と事業者に必要な需要動向を調査・分析して提供し、策定した事業計画の方向性をより正確なものとなるよう支援を行う。 
    6. 新たな需要の開拓に寄与する事業に関すること
      策定した事業計画を実行していくため、需要動向調査で得た情報を整理し、支援対象者にあった商談会や展示会への参加支援、セミナー等を通して販路開拓支援を行う。
  2. 地域経済の活性化に資する取組
    先端的・伝統に基づく競争力のある企業の育成や「自然」・「歴史」・「文化」をテーマとした観光の推進、若者の地元就職の促進と意欲ある事業所の取組みを支える人材の育成、地域の優れた商品の販売と観光客の誘致に向けた海外戦略の展開、「食文化」による地域・企業の活性化に向けた戦略の展開など鶴岡商工会議所がプロデュース・コーディネート機能を発揮し、ステークホルダー間の調整を図り、地域経済の活性化による内発的な発展を促していく。

事業者の信頼を得る「ホームドクター」としての支援力向上

小規模事業者の「ホームドクター」としての機能を満たすため、内部での事例研修会の開催と専門家などに同行しながら支援の手法やあり方を学び、OJTによる研修により伴走型の支援能力の向上を図る。また、経営指導員を専門分野ごとに担当をきめ、支援分野のエキスパートを目指した研修や講座を受講し、支援力強化を図る。

経営分析

経営実態を正しく把握し、今後の経営計画に活かしていただくための経営分析を行ってみましょう。

日本政策金融公庫 財務診断サービス
決算書の財務データを入力いただくと、貴社の主な財務指標の推移の確認や、業界平均値(「小企業の経営指標」のデータ)との比較ができます。

日本政策金融公庫 財務診断サービス

J-Net21 経営自己診断システム
決算書の財務データを入力すると、「総合診断」「資金繰診断」「個別指標診断」など様々な視点からの診断を行うことができます。

J-Net21 経営自己診断システム

事業計画策定支援

売上拡大、販路開拓等の経営目標達成に必要な事業計画策定に関する情報を掲載しています。
事業計画書の策定に取り組むことで、自社の強みや弱み、今後の経営戦略につながる気づきが得られます。

「事業計画作成支援セミナー」の情報はこちら(講習会・セミナー情報) 小規模事業者の経営計画作成・実践事例集 - 日本商工会議所(PDF:00MB) 経営計画作成アプリ 経営計画つくるくん (誰でも簡単に経営計画が作れます※最短30分)

経営安定特別相談室

経営安定特別相談室とは

目的

中小企業の倒産を未然に防ぐため事前に相談を受けて、経営的に見込みのある企業については関係機関の協力を得て再建の方途を講じ、また、倒産防止が困難とみ られる企業については円滑な整理を図ることにより、企業倒産に伴う地域の社会的混乱を未然に防止することを主な目的としております。

相談室の構成

相談室では、経済や中小企業の実情に詳しい中小企業診断士、弁護士、公認会計士、税理士、などの専門家が相談に応じ、問題の解決を支援します。
※相談にあたって、企業名や相談内容が外部に漏れることはありません。

お申し込みにあたって

お申し込みにあたりましては、危機に陥った経緯など簡単な相談内容を聞かせていただくとともに、今後の相談・指導の参考にさせていただくため、必要な資料の提出をお願いし、相談の日程を速やかに決めさせていただきます。

ご相談例

  • 取引先が倒産して経営に大きくひびいている。
  • 仕事の受注量が減ってきた。不振の状態が長引きそうだ。
  • 融資により経営不振を切り抜けたい。
  • 赤字が解消されない。思い切った改善策を考えたい。

ご相談費用

ご相談についての費用は無料です。ただし、民事再生、自己破産などの法的手続きを弁護士に委任するような場合は有料となります。

お問い合わせ

経営支援課 経営安定特別相談室

0235-24-77118:45〜17:30(土日祝日除く)

事例紹介

創業を志す方の円滑な事業立ち上げや企業の持続的な経営、経営力向上のために、国や県等の各種支援策や補助金・助成金を活用して活躍されている企業をご紹介します。

事例紹介はコチラから

経営支援セミナー

鶴岡商工会議所では、年間を通して様々なセミナーや研修会、講習会や相談会等を開催しております。 実践的な実務レベルのもの、経営者向けのものから、従業員向けのものまで、その内容は多種多様です。 開催のご案内についてはその都度、本WEBサイトの他、会報を通じてお知らせいたしますので、ぜひご参加ください。

講習会・セミナー情報はコチラ