鶴岡商工会議所

メインメニュー

TOP > 新着情報

新着情報

2018/02/08

「食手帳かおるつるおか」への掲載商品の募集について

鶴岡商工会議所では、鶴岡食文化創造都市推進協議会、出羽商工会とともに、鶴岡市の食材や加工商品を総合的に紹介し販路拡大を図る「食手帳 かおるつるおか」の制作を進めております。
首都圏等での販路開拓と商品力向上に意欲のある事業所の皆様の商品(加工品)を募集しますので、下記基準等(公募要領抜粋)をご参照のうえ、ぜひご応募ください。

対象事業者及び加工品の基準
(1)事業者・生産者の基準
事業者・生産者の基準については、次の項目の全てに該当していること。
@ 事業者にあっては、法人及び個人事業主、協同組合、企業組合、NPO法人等で鶴岡市内に事業所を置く者。生産者にあっては、鶴岡市内の農林水産業者または農林水産業者が組織する団体。
A 食手帳を活用し自らの商品の首都圏等での販路拡大と商品力向上に積極的に取り組む意欲がある事業者であること。
B バイヤー等から原材料の生産工程や商品の製造工程等の確認をしたい旨の申し出があった場合、これらの情報を開示し対応できる事業者であること。なお、原材料の生産及び商品の製造、販売が応募事業者と異なる場合であっても同様の対応ができること。
C 関係法令を遵守するとともに、衛生管理技術等の向上に積極的に取り組んでいる事業者であること。特に、商品の表示に関しては、法令により様々な基準が定められていることから、応募後に商品の表示に不備や誤りが無いようにすること。

(2)加工品の基準
@ 公募する加工品は首都圏等に積極的に販路拡大を行う意向があるもので、次のいずれかに該当するものであること。
ア 本市の歴史や文化を背景とし、伝統的な技術によって製造された加工品、また鶴岡の食文化を表す特徴的な加工品で市民に親しまれてきたもの。
イ 下記の表にある鶴岡市で生産、収穫された農林水産物を主たる要素として加工した特徴的な商品であること。
ウ 上記に掲げる以外の商品であって、鶴岡市のイメージアップや知名度向上に相当程度寄与すると判断できるもの。
A 加工品の製造、もしくは加工の最終段階が鶴岡市内外の事業者によって行われているかは問わないが、(1)@の通り、販売する事業者が鶴岡市内であること。
B 商品の製造過程等において、品質及び衛生管理等が適正に行われ、関係法令等に定める規定に違反していないこと。
C 首都圏等に向けて安定した製造量や出荷量が確保されている商品であること。

加工品の応募と選考等
(1)本事業の事業内容を理解し、首都圏等への販路拡大に意欲のある事業者は、「応募申請書」(様式1)、及び加工品の写真画像(拡張子:jpg・jpeg サイズ:1MB以上)を添付し、必要事項を記載のうえ、電子メールで次のとおり応募してください。
※応募に必要な書類は、HPよりダウンロードが可能です。
(2)一事業者につき「最大10の加工品まで(農林水産物1品目につき3つまで)」応募が可能です。
(3)一事業者で複数の加工品を応募する場合は、優先順位表(様式2)を付したうえで提出してください。
(4)「事業者及び商品の基準」に該当しない場合や、関係法令等のチェックで不備が見つかった場合、その他の理由で販路開拓を行う事ことができない場合等は、掲載を取りやめることがあります。
(5)応募多数により掲載可能数を超える場合は、鶴岡商工会議所、出羽商工会、鶴岡食文化創造都市推進協議会による制作実行委員会で選考します。
(6)他社と同種の加工品が考えられる場合(漬物等)には、自社の独自PRポイントを明確に記載して下さい。
(7)応募いただいた写真は、食手帳の制作に際して加工(トリミングや明るさの調整等)をさせていただく場合があります。また、「2食手帳の活用について」に掲げる事業で、情報発信等を行うために二次加工し使用をさせていただく場合があります。

応募書類の受付等
(1)書類・データの提出先
@鶴岡商工会議所の会員企業
食手帳かおるつるおか制作委員会事務局(鶴岡商工会議所内 担当:柿崎)
E-mail:i-kakizaki@trcci.or.jp
TEL:0235−24−7711 FAX:0235−24−6171

A出羽商工会の会員企業はこちら
B上記以外の事業者はこちら

応募期間
3月7日(水)17:00まで

新着情報一覧へ